ホームページ制作・DTPデザイン業務を行うスタッフの徒然日記

秋田報告3日目&4日目

観光地・桜の名所でもある角館の武家屋敷に行ってみました。観光地らしく景色もきれいです。


駅前の、旅館に併設された食堂やまやにきりたんぽ鍋定食と看板が出ていたので食べてみました。
きりたんぽ鍋って大体2人前以上からしか注文できないことも多いので、ひとり旅には嬉しいですね。


駅前のレンタルサイクルで自転車を借りて散策開始。
武家屋敷通りまでも少し歩く必要があるので、自転車で走れるのは気持ち良かったです。天気もよかったし。
桜の見頃にはまだ早いですが、本当に見頃になると人混みで大変なことになるらしいので、今見ておいてよかったと、少しお話した観光客のお姉さんが言っていました。ちょっと道民には想像ができないですね。


桜が咲いている木もあったし、そうでなくてもほとんど木はピンク色になっていていい景色。




公開されているお屋敷は玄関先から中をみることができるものや、有料で部屋にあがることができたり資料館になっていたり、公開範囲も様々。
その家の子孫の方がまだ暮らしているお屋敷もあります。住めるものなんですね。






とくに「青柳家」のお屋敷は入場料はかかってしまいますが、敷地がとても広く、屋敷内は実物を見ながら、つくりや設備について説明してもらえたり、いろんな時代のたくさんの資料が展示されています。
この家の親戚の方が「解体新書」の挿絵を書いていたそうで、それに関する資料もありました。こういう、教科書に載っていたものに関する資料も道内ではなかなか見ることができないのでとても感動しました。












もう夕方になってしまいました。
行こうとしていた横手に到着したのは午後7時。
秋田はとにかく電車の本数が少なく、帰りの方向の電車の時間を確認すると、次は1時間後でその次は3時間後。
あまり帰りが遅くなるわけにいかなかったので、横手公園や横手城や目星をつけていた店に行くことは諦めて横手焼きそばを食べることにしました。
慌しくなってしまいましたが、秋田美人の店長さんと常連さんたちが親切にしてくれて無事に目的の電車に乗ることができました。


おみやげは角館名物なると餅。黒糖の方はえびす餅。


最終日は早朝から夕方までフェリーです。
ありがとう秋田。

フェリーで奮発して予約制の豪華ランチを頼んでみました。
こんな感じでした。



逆に緊張した…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CLEARdeSIGNホームページ

2017年9月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

お奨めサービス